原料

プラセンタの原料は?

プラセンタは動物の胎盤が原料となっていることはよく知られていますが、その原料には動物性、植物性、海洋性の3つがあります。
一般的にサプリメントとして販売されているものは動物性の豚由来が多いのですが、プラセンタ独特の味や臭いが気になる人やアレルギー体質の人などは植物性や海洋性などを選ぶこともできます。

一般的な動物性プラセンタは豚由来、馬由来、羊由来があります。
豚は年に2回も出産するため原料となる胎盤が多いため手頃な価格で販売されています。
また豚は人間との相性がよいため体に吸収されやすいことも人気の理由です。
安全性の高いSPF豚の胎盤が使用され、種類も多く販売されているため自分に合った商品を見つけることができます。

馬プラセンタは衛生的な環境で管理されているサラブレットの胎盤が使われているため価格は高くなります。
しかしアミノ酸の含有量が非常に多く、安全性からも人気となっています。

海外で人気なのが羊由来です。
日本では原料の使用に制限がかけられているため豚や馬のように商品が多くありません。
しかし疲労回復やシミやシワの予防といったアンチエイジングに高い効果があります。

植物性プラセンタは大豆や大麦などの種子が原料となり、胎座といわれる部分から抽出される成分を使用しています。
植物には胎盤がないためプラセンタ特有の「成長因子」が含まれていません。
そのため若返りの効果はありませんが、大豆由来には女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが含まれています。
植物由来ですから安全性は高いですが、大豆や小麦アレルギーのある人は注意が必要です。

海洋性プラセンタは魚の卵巣膜が原料となります。
魚も胎盤はありませんので「成長因子」は含まれていません。
卵巣膜は卵を包んでいる薄い膜ですが、卵が成長するのに必要な栄養素を多く含んでいます。
必須アミノ酸9種類の他に、コラーゲンやヒアルロン酸など美肌作りに欠かせない成分が多く含まれています。
また海洋性にはコラーゲンと共にシワやたるみを防いでくれる「エラスチン」が含まれています。
細胞を若返らせる効果はありませんが、高い美肌効果が期待できるのが海洋性プラセンタです。
プラセンタの濃度や原料によって効果に違いがあるため、自分の目的に合った商品を見つけるとよいでしょう。