原料

プラセンタのドリンクのメリット、デメリット

美肌や美白といった美容効果や更年期障害の緩和、肝機能障害の改善、疲労回復作用など幅広く効果があるプラセンタが人気を集めています。
そのため化粧品やサプリメントなど多くの商品が販売されています。
サプリメントにも錠剤やカプセル、ゼリー、ドリンクなど数種類があり自分に合ったタイプを選ぶことができます。
その中でも手軽に摂ることができ即効性もあるのがドリンクタイプです。

プラセンタドリンクのメリットは体への吸収が早いため、錠剤やカプセルよりも早く効果を実感することができることです。
液体ですから腸で吸収され体中に行き届くため、早い人では飲んだ翌日にはお肌の違いを実感することができます。
そのため特別な日のスペシャルケアとして前日に飲むという利用のしかたもあります。

またドリンクにはプラセンタの他にも美容成分が配合されたものが多く販売されています。
プラセンタと一緒にヒアルロン酸やコラーゲン、ビタミンCを一緒にとることで相乗効果が期待できるのです。
そのため美白効果を高めたい、保湿効果を高めたいなど自分の目的に合った商品を選ぶことができるのもメリットの一つとなります。

プラセンタドリンクのデメリットとしては1本300~500円と価格が高めということです。
即効性があるためスペシャルケアとして飲むのであれば気になりませんが、継続して飲む場合はサプリメントよりも高くなってしまいます。
効果を維持するためには継続して摂らなければなりませんから、普段はサプリメントでスペシャルとしてドリンクを利用するなど工夫すると続けやすいのではないでしょうか。

ドリンクタイプも錠剤やカプセルのように手軽に摂ることができますが、瓶に入っているため錠剤やカプセルのような携帯には向いていません。
最近では飲みやすいフルーツ味のドリンクタイプも販売されていますが、プラセンタ独特の生臭さや味が苦手な人にはデメリットとなります。
味や臭いが気になる人は錠剤やカプセルタイプをお勧めします。